• 賛助会員募集
  • スポットライト 障スポを語る
  • 栃木県障害者スポーツ大会
  • 全国障害者スポーツ大会
  • 社会参加推進センター

特定非営利活動法人栃木県障害者スポーツ協会概要

障害者スポーツ協会情報誌

障害者のスポーツクラブ

栃木県内のスポーツ施設

栃木県障害者スポーツボランティア人材バンク

障害者関係団体一覧

いきいき茨城ゆめ大会

サイト内検索

検索ワードを入力し、【検索】ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

特定非営利活動法人
栃木県障害者スポーツ協会

〒 320-8508
栃木県宇都宮市若草1丁目10番6号 とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター内

TEL:028-624-2761
FAX:028-624-2761

水泳

身体障害のある選手と、知的障害のある選手の競技です。
自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの各25m及び50mと、リレー2種目を実施します。
障害の種類や程度により競技方法を工夫して行います。

  • 自由形、平泳ぎ、バタフライのスタートは台上・台の横からの飛込みまたは水中スタートを選択できます。なお障害区分が肢体不自由の一部については、身体的理由により水中スタートが義務付けられています。
  • 背泳ぎ、メドレーリレー以外の水中スタートは、少なくとも片手でスターティンググリップを含むプールの壁をつかんだ状態からスタートしなければなりませんが、身体的理由により壁をつかめない場合は、身体の一部がプールの壁と底の両方についていれば良いことになっています。
  • スタート台には出発合図員のピストルなどに連動したランプが取り付けられていて、聴覚障害のある選手にスタートのタイミングを知らせます。
  • 視覚障害のある選手には、ゴールやターンの際に壁への衝突を防ぐため、棒などを使って体に触れて合図をしても良いことになっています。
  • すべての泳法において競技中コースロープを握ったり、プールの底に立つことが認められています。また、障害の程度によっては、浮力を補助するためのスイミングヘルパーやアームヘルパーの使用が認められる場合がありますが、義肢、装具、足ひれなどの使用は認められていません。
【水泳】
種目 肢体 視覚 聴覚 知的
自由形・25m
自由形・50m
平泳ぎ・25m
平泳ぎ・50m
背泳ぎ・25m
背泳ぎ・50m
バタフライ・25m
バタフライ・50m
4×50mリレー


4×50mメドレーリレー