• 賛助会員募集
  • スポットライト 障スポを語る
  • 栃木県障害者スポーツ大会
  • 全国障害者スポーツ大会
  • 社会参加推進センター

特定非営利活動法人栃木県障害者スポーツ協会概要

障害者スポーツ協会情報誌

障害者のスポーツクラブ

栃木県内のスポーツ施設

栃木県障害者スポーツボランティア人材バンク

障害者関係団体一覧

いきいき茨城ゆめ大会

サイト内検索

検索ワードを入力し、【検索】ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

特定非営利活動法人
栃木県障害者スポーツ協会

〒 320-8508
栃木県宇都宮市若草1丁目10番6号 とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター内

TEL:028-624-2761
FAX:028-624-2761

グランドソフトボール

視覚障害のある選手10名で競技をします。ソフトボールを基本としています。
ハンドボールに似たボールを使用し、ボールの転がる音を頼りにプレーします。「グランドソフトボール(GRAND SOFTBALL)」とは、人々に強い印象を与える「感銘的な(すばらしい)ソフトボール」の意味を含んでいます。

  • 10人のプレイヤーのうち4人以上は全盲の選手、その他は弱視の選手です。全盲のプレイヤーはアイシェード(目隠し)を着用します。
  • 野手とランナーがぶつからないように、全ての塁に走塁用・守備用の2個のベースを置いてあります。全盲選手には走塁ベースの側にいるコーチャーが手を叩いたり掛け声で方向を指示します。
  • ピッチャーは全盲の選手で、キャッチャーの掛け声や手の叩く音を頼りに、転がすようにしてボールを投げます。
  • バッターに打たれた後、誰も触れずに転がってきたボールを全盲の野手が捕球すると、野球のフライキャッチと同じようにバッターはアウトになります。
  • マウンドの半径1.5mの円は「試合停止圏」で、ここに送球されたときは試合停止(ボールデッド)になります。
【グランドソフトボール】
種目 肢体 視覚 聴覚 知的 精神
グランドソフトボール