• 賛助会員募集
  • スポットライト 障スポを語る
  • 栃木県障害者スポーツ大会
  • 全国障害者スポーツ大会
  • 社会参加推進センター

特定非営利活動法人栃木県障害者スポーツ協会概要

障害者スポーツ協会情報誌

障害者のスポーツクラブ

栃木県内のスポーツ施設

栃木県障害者スポーツボランティア人材バンク

障害者関係団体一覧

いきいき茨城ゆめ大会

サイト内検索

検索ワードを入力し、【検索】ボタンをクリックしてください。

お問い合わせ

特定非営利活動法人
栃木県障害者スポーツ協会

〒 320-8508
栃木県宇都宮市若草1丁目10番6号 とちぎ福祉プラザ障害者スポーツセンター内

TEL:028-624-2761
FAX:028-624-2761

フットベースボール

知的障害のある選手9名で競技をします。男女の区別はありません。
ルールは一般のソフトボールを基本としていますが、バットやグローブは使わずに、ピッチャーがサッカーボールを転がし、キッカーがそれを蹴ってプレーします。

  • 試合は7回までで、1時間経過後は新しい回に入りません。同点の場合は最大2回まで延長します。
  • ピッチャーは両手でボールを持ち、股の下から転がして投球します。
  • 盗塁や死球はありません。
  • 特徴的なルールとして、「停止球」があります。これは、投手が、野手からの返球をピッチャーズサークル内で保持したときはボールデッドとし、塁間にいた走者は押し出しの状態にならない限り、元の塁に戻るというものです。
【フットベースボール】
種目 肢体 視覚 聴覚 知的 精神
フットベースボール